輸入住宅の代表的なスタイルについて

main-img

輸入住宅は、それぞれの国の特徴を打ち出した住宅のことを指しますが、そこにはその地域で育まれた設計思想が取り入れられています。


輸入された構造材や床等の基材、設備などを使用することで建てられることになり、日本の住宅とは異なる特徴を持つために高い人気を集めています。
輸入住宅の代表的なスタイルとしては、米国やカナダなどを主体とした北米スタイルと、北欧や南欧を主体としたヨーロッパスタイルの2つに分けることができ、同じ地域であっても様々なタイプがあります。
例えば、北米スタイルの場合には、アーリーアメリカンやレンガやタイルを基調とした建物があり、ヨーロッパスタイルの場合には、北欧や南欧といったタイプがあります。
輸入住宅に対しての一般的な紹介としては、断熱性の高さや遮音性の優位さが記載されまていますが、ここでの性能に関しても北米とヨーロッパでは異なっており、北欧タイプでは、より断熱性が高い商品となっています。

磐田の輸入住宅のフレンチスタイルの情報を集めました。

工法に関しては、日本住宅とは大きな違いがあり、主に、パネル工法による作り方がなされています。

比較的日本に近いものとしては北欧タイプがあり、ここでは、構造材をそのまま仕上材として用いる場合もあります。



北米スタイルでは、そのほとんどが2x4や2x6の部材によって作られたパネルを使用した構造となっており、耐震性が十分確保できる住宅となっています。

目的に応じたガジェット通信情報サイトをご利用下さい。

輸入住宅は、空間面やデザイン面に非常に魅力のある建物となりますが、購入をする場合には特徴をよく理解した上で行う必要があります。


不動産の常識

subpage1

現在、日本における輸入住宅としては、大きく、北米、ヨーロッパ、ログハウスがあります。ログハウスに関しては、かつては、主にカナダを中心とした丸ログによる工法が多く見られましたが、最近では、フィンランドなどの北欧タイプに見られる角ログによる住宅も建てられています。...

more

関連情報

subpage2

現在の日本においては非常に円安ムードだったところが、どんどんと経済的な状況が変わってきており最近では円高ムードになりつつあります。そのような状況の中で現在の日本においては数多くの円高の恩恵を受けることができるのが、輸入住宅になります。...

more

不動産入門

subpage3

輸入住宅には、一般の住宅にない3つのメリットがあります。一つ目のメリットは、天然の素材が使ってあることです。...

more

知識を増やす

subpage4

輸入住宅というのは、目を引く素敵なデザインの住宅が多く、北米スタイルやプロヴァンススタイル、スパニッシュ系などさまざまな様式の住宅がありますが、それぞれ個性があって良いものです。また、輸入住宅は全体の印象というのが素敵なのはもちろんのこと、細部の凝り具合を楽しむといったこともできて、それがなかなか面白いものなのです。...

more